BHD 技術パラメータ

ブロック・サイズ:2MB

ブロック生成時間:3分

リプレイ攻撃:双方向保護

合計発行量:2100万枚

開発者チーム:210万枚(10%プレ鉱脈)

運営チーム:105万枚(5%)

マイナーによるマイニング:1785万枚(85%をマイナーに提供)

当初ブロック・サイズ:15BHD /ブロック

半減周期:4年

当初処理速度:70TPS(トランザクション/秒)

BHD BHD マイニング方法

cPoC(conditioned Proof of Capacity)条件化容量証明

BHD BHD コミュニティ

BHD

タイムライン

BHDに関するいくつかの質問

A1: 省エネと環境にやさしい採掘構造の構築がBHDチームのビジョンです。早期に収拾された容量であるBurstベースのプロットデータを使用すれば、追加のハードディスクや電源リソースを無駄にせず、目的を達成することができます。ネットワークとトランザクションのセキュリティを確保しながら、新しいプロット形式とファイル保存方式の開発に十分な時間をかけることができます。
A2: BHDはオープンソースプロジェクトです。現在、cPOC関連のコードの微調整を行っていますが、cPOCがオンラインになり、安定して動作するようになれば、完全にオープンソースになります。
A3: BHDとBurstはデュアルマイニングが可能で、Burstのブロック生成時間は4分、BHDでは3分で、ブロック生成時間の違いはこの2つのコインで影響しあうことなくデュアルマイニングを可能にしています。
A4: BHDチームの主なタスクは、cPOCコードと基盤となるファイルストレージコードをデバッグすることです。現在の容量収集段階では、成熟したBitcoinウォレットコードを採用することで、コードメンテナンスの負荷を減らし、システムセキュリティを向上させることができます。BTC walletと比較すると、BHDはさらに最適化を進めています:

1. ブロック・サイズを2M/ブロックに拡張;
2. ブロック生成時間を3分に調整;
3. 当初のマイニング報酬は15BHD/ブロックに調整され、ブロックは大きくなっています;
4. 1つのブロックに多くのトランザクションを含めることで転送速度を向上させることができます;
5. ブロック生成時間が半減しており、転送速度が上がります;
6. 1ブロック当たりの報酬は半減しており、コミュニティが資源を集めることのできる時間が増加します。マイナーは、2100万枚のコイン供給量のままで、より多くの利益を共有することができます;
7. BHDウォレットに条件付き容量マイニング機能を追加しました;
A5: コンテンツの保存はBHDのビジョンでも目標でもなく、BHDは暗号化されたデジタル通貨とコンセンサスメカニズムを補完するものであり、BHDは価値保存の暗号通貨システムに焦点を当て、IPFSはストレージをそのビジョンとしています。