BTCHD担保マイニング、担保が多ければ得るものも多くなります

更新日付 2018-09-01

BTCHD担保マイニングアルゴリズムの規則により、マイナーが最大のマイニング収益を獲得できるよう、マイナーが自らのコンピューティング・パワーに基づき、BTCHD担保マイニングを行うよう、お勧めします。具体的には、マイナーの担保額=マイナーの収益のマイニングプールの収益に占める割合(パーセンテージ) X マイニングプールの担保額となります。現在の推奨担保額は、コンピューティング・パワー(TB) X 3で、例えば、コンピューティング・パワーが100Tのマイナーには、300枚のBTCHDを担保としてのマイニングを推奨します。マイニングプールは、マイナーのコンピューティング・パワーと実際の担保額に基づき、マイナーのマイニングプールの費用を差し引いた収益率を10%から100%の範囲で相応に調整します。即ち、もしマイナーが担保を行わずに直接マイニングをした場合、収益率は10%となり、もしマイナーが十分な担保額でマイニングをした場合、収益率は100%となります。