BHDウォレットがv1.2.1.4-db9ce00に更新されました

更新日付 2019-1-19

BHDウォレットがv1.2.1.4-db9ce00に更新されました、本バージョンでは、北京時間2019年1月21日 14:00:00到達予定のブロックハイト134650高以降、担保不正を防ぐ作用を持つ、コンピューティング・パワーのバインディング規制とバインディング解除規制を開始します:

1. コンピューティング・パワーのバインディング規制
既に他のウォレットにバインドされているコンピューティング・パワーを別のウォレットに変更する際、もし、このコンピューティング・パワーが、過去2016個のブロック内でブロックを生成したことがないが、バインドされたウォレットが別のコンピューティング・パワーによってブロックを生成したことがある場合、このコンピューティング・パワーのバインド操作は、不正防止メカニズムに抵触し、バインドに16.35BHDの取引手数料を要求し、そのうち、16.25BHDは消滅し、0.1BHDはパッケージ費用としてマイナーに渡されます;
このコンピューティング・パワーでブロックが生成された場合、或いはバインディング後2016個目のブロックに到達後、この制限は解除されます;

2. コンピューティング・パワーのバインディングの解除規制
全ネットワークのコンピューティング・パワーの2.5%を占めるコンピューティング・パワーに対するバインディングの非解除規制;
もし、このコンピューティング・パワーがバインドされているウォレットがブロックを生成した場合、バインディングの解除期限はこのブロック生成後2016個目のブロックとなります。もし、このコンピューティング・パワーがこのウォレットでブロックを生成していないが、バインドされたウォレットが他のコンピューティング・パワーを使ってブロックを生成した場合、このコンピューティング・パワーとウォレットのバインドは2016個のブロックの後に、バインド解除ができます;

この規制は、コンセンサスのソフトフォークのために必要で、前方互換性を維持するため、全てのマイナーが新しいコンセンサスにアップグレードする必要があり、そうでないと、古いコンセンサスで継続して生成されたブロック中には、新しいコンセンサスで無効であると判定されるトランザクションがパッケージされ、このブロックは、その他の既にアップグレード済みのウォレットには承認されません。バージョンv1.2.0.18のウォレットがブロックデータを同期できない状態を引き起こすことが有るので、本バージョンのウォレットを速やかに更新してください。